地域連携室で働く看護師になる?|処置やケアのないデスクワークが魅力

こんにちは。看護師長のはるです。

施設や病院の地域連携室で働いている看護師さんのお仕事を知っていますか?

この記事では、地域連携室勤務の看護師の仕事内容の紹介と、実際に働いている看護師の感想を紹介します。

わたしの病院にも地域連携室で働いている入退院支援看護師がいます。

病棟勤務経験もある人ですが、今の職場でのやりがいなどを聞いてみたので、その実体験の感想も紹介しますね。

ぜひ最後までお読みください。

\ 疲れた体のリラックスに! /

目次

そもそも地域連携室はどんな役割?

最初に、病院の地域連携室の仕事内容について紹介します。

患者さんの入院や退院に関する相談に乗ってお手伝いするのが主な業務です。

地域連携室の主な仕事内容

・入院予約のベッドを確保、他の病院からの紹介患者さんの受付窓口

・施設への退院の調整(退院先の施設への情報共有と日時調整や移動方法の確認など)

・介護保険や、各種社会福祉制度に関する相談

・地域貢献活動や地域の医療機関との連携活動

病院の規模によって地域連携室のスタッフ数や役割は大きく変わります。

大きな病院では様々な職種のスタッフが所属して、専門性を発揮して介入しますが、小さな病院ではMSW(医療ソーシャルワーカー)が数名と、看護師は一人だけということも多いです。

患者さんやご家族の今後の生活に密接にかかわり、それぞれ個人の困りごとに寄り添って相談に乗ります。

手続き方法を案内したり、必要があれば申請代行もしてくれるので、患者さんからはとても頼りにされています

入退院支援看護師になる方法

特に資格などは必要ありません。

ただし社会保障制度に関する知識が必要になるので、勉強は必要でしょう。

臨床経験が全くない新人の採用もあるようですが、少しでも経験があった方が求人数は多いです。

医療処置がなく、日祝日はお休みで残業も少ないため、ブランクのある方や子育て中の方にもおススメの職場だと思います。

転職サイトで検索すると、病院での募集と、老人ホームなど施設での募集が見つかります。

たとえば、私が見つけた求人を紹介します。

職種ケアミックス病院での調整業務
給与月給 25万円~
雇用形態正社員
仕事内容地域連携室での入退院調整、医療機関からの紹介受付など
応募資格正看護師
就業時間8:30~17:30◇残業少なめ(月平均5時間)
休日週休二日制◇有給休暇
待遇社会保険完備、昇給あり、退職金制度あり、交通費支給
その他ブランクOK、夜勤なし

この求人は経験年数は不問で、日祝休みの残業少なめです。

ブランク明けの方や、プライベートを充実させたい方などにピッタリじゃないでしょうか。

職種有料老人ホームの地域連携室
給与月給 35万円~◇別途精勤手当、資格手当あり
前職収入、経歴を考慮して決定
雇用形態正社員
仕事内容有料老人ホームの地域連携室に所属しての営業・調整業務
応募資格正看護師◇急性期病棟での経験3年以上の方
地域連携業務の未経験者の歓迎!
就業時間8:30~17:30◇残業少なめ(月平均10時間)
◇フレックスタイム制
休日週休二日制◇シフト制勤務(年間休日115日)
※内覧会やイベント時には休日出勤の可能性もあり
待遇社会保険完備、昇給あり、賞与あり、退職金制度あり、交通費支給

この求人は有料老人ホームの求人です。

急性期で3年以上の臨床経験が必要で、休日出勤の可能性もあるようです。

仕事内容として「営業」も入っているので、老人ホームの入居者勧誘なども業務に入ると思います。

その分、給与は経験年数も加味してくれて、かなり高めに設定されているようです

医療処置がない仕事で転職を考えている人には、ここから専門性を高めてキャリアップも可能なので、魅力的な職場だと思います。

興味がある人は、いくつか転職サイトに登録して求人を検索してみることをおすすめします。

おススメの転職サイトは>>【看護師】転職で本当に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェントで紹介しています。

入退院支援看護師の仕事内容

具体的にどんな仕事をしているのか、詳しく説明します。

病院を受診や入院予約のお手伝い

前方支援と言われます。

ほかの病院からの紹介予約を受け付けしたり、主治医や入院病棟との調整をします。

必要であれば、紹介元病院の看護師長や主治医と電話で話して確認しあうこともあるようです。

そういう電話は医療知識が必要なので、事務員や医療ソーシャルワーカーではなく看護師が対応をしています。

その他にも、より専門的な治療のために専門病院へ患者が転院する場合の調整も行います。

患者や家族と相談しながら転院先の病院を選定し、主治医からの手紙を送ったり、今の状況を転院先の病院に情報提供したり、転院当日の移動方法の確保まで手伝います。

退院後の生活のお手伝い

こちらは後方支援と呼ばれます。

治療後の患者さんが安心して地域で暮らせるように生活の場所を考えたり、介護サービスを調整する業務です。

また入院中の経過をまとめた手紙をかかりつけ医の先生に送ったり、入所施設に状況を伝えて退院準備を進めたりしています。

退院後に施設に帰る方のために、当日の移動方法の確保までお手伝いしてくれます。

介護相談と介護サービス機関との連絡窓口

介護保険や福祉制度について患者や家族に説明をしたり、アドバイスをする業務です。

患者や家族は制度について全く知らない場合も多いため、利用できる制度がないか調べて説明し、申請方法を案内します。

また退院後の生活についての相談やサポートをおこない、退院後に生活を見守ってくれる地域の機関に情報提供してサポートが継続できるように手配してくれます。

私も病棟で、ご家族がいない独り暮らしの高齢者が退院するときなど、いつも地域連携室の人たちにサポートをお願いしています。

退院した後の暮らしを安全で安心できる状況に整えてくれるので、とても頼りにしています。

その他、地域貢献活動の調整も

地域連携室や広報室の活動として、地域貢献活動や研修会なども行っています。

地域のクリニックの人たちとの合同勉強会を開催したり、症例研究会の運営をおこなっています

主に行うのは事務スタッフですが、相手方の看護師や医師とのやり取りの中で医療知識が必要な場面では、看護師が対応する場合もあるようです。

開催当日は参加して、様々な医療機関のスタッフと名刺交換をして関係づくりをしています

そういう顔の見える関係づくりをしておくことで、患者の転院調整などがスムーズに行えているんでしょうね。

実際に働く入退院支援ナースの感想

私の職場にも、地域連携室で働いている入退院支援ナースがいます。

この記事は、彼女の話を参考にして作成しました。

その彼女が入退院支援看護師になったのは3年ほど前です。

入退院支援ナース

以前は病棟で働いていましたが、退院支援に興味があったので転職を機にチャレンジしてみました

はじめての転職だったそうですが、転職エージェントから勧められて決断したと言っていました。

それまで病棟で退院支援にかかわってはいても、専門的に学んだことはなかったそうです。

そのため、最初は介護保険制度について勉強したり、研修に参加したり、いろいろ努力が必要だったようですね。

入退院支援ナース

仕事では患者さんだけではなく、家族やケアマネ、訪問看護師と連絡を取り合うことが多いです

他職種と関わる機会がとても多い仕事内容ですね。

院内の医療ソーシャルワーカーと協力し合って働いています。

たとえば、入退院支援ナースが患者の状態や今後の治療の方向性から、支援介入の必要性を判断します。

そこから医療ソーシャルワーカーにつなげて、医療ソーシャルワーカーが家族と相談して介護保険サービスの申請をお手伝いします。

さまざまな人と関わりながら支援していき、患者さんやご家族が困らないように周囲の環境調整をするので、最後にはお礼を言っていただけることが多いようです

とてもやりがいのある仕事です!

病棟勤務とは違う分野で患者を支援出来て、視野がひろがったとも言っていました。

近隣病院の地域連携室同士でのつながりも大切にしています。定期的に合同勉強会をおこなったり、小さな診療所の先生方と情報共有の場を設けたりして、多くの医療機関や施設と連携を取りやすい関係づくりも行っています。

地域連携は国が力を入れて取り組んでいる分野ですし、専門性も高く、やりがいをもって取り組める仕事だと言っていました。

まとめ

地域連携室で働く看護師の仕事を紹介しました。

地域医療構想は、医療における2025年問題に向けて厚生労働省が力を入れている取り組みです。

医療の機能に見合った資源を効果的で効率的に配置して、急性期から回復期や慢性期まで、患者が状態に見合った病床に移りながら、状態にふさわしい、より良質な医療サービスがうけられるように考えられています。

そのためには、患者の状態変化に応じてスムーズに生活の場を移していただく必要があり、その調整を担う地域連携室の役割は大きいです。

これからもどんどん求められる仕事ですし、専門知識も身についてやりがいのある仕事です。

この記事が、みなさんの転職先を考える時の参考になればうれしいです。

看護師が行なう退院支援については>>病棟看護師が行なう退院支援のコツ|具体的に教えますという記事でも詳しくまとめています。興味があれば一緒に読んでみてください。

転職活動をする際には転職サイトを活用しましょう。

まずは無料登録をして、自分の住んでいるエリアにどんな求人が出ているかを見てみるとイメージしやすくなります。

おすすめの転職サイトについては>>【看護師】転職で本当に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェントでまとめているので参考にしてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる