新人にイライラする!? 師長が教えるイライラ解消のコツ!

教えたことを理解したのか、反応が分からない

何を考えているか分からなくて関わりにくい

イライラするから新人と関わりたくない

こんにちは、はるです。
今回は、新人指導にイライラしてしまう指導者さんに向けた記事です!
イライラしなくなるコツを6つ紹介しますね!

新人指導が難しいと感じている人は多いですよね。通常の仕事にプラスして指導をするのは負担だし、新人によっては教えたことをすぐに忘れてしまう子もいます。

この記事では新人指導でイライラ意思てしまう指導者の方へ、イライラしなくなるコツを6つ教えます。

指導でイライラしてしまうと、自分の仕事のパフォーマンスも落ちてしまいます。イライラを解消して、気持ちよく仕事ができるように変えましょう。

新人指導でイライラすることが減れば、仕事のストレスも軽くなります!ぜひ明日からすぐに活用してみてください。

目次

そもそも新人指導は、なんでイライラしてしまう?

そもそも、新人指導はなんでイライラしてしまうのでしょうか。まずはそこから考えてみましょう!

師長さん、私いつもイライラしてるんですけど。
新人指導ってなんでイライラしちゃうんでしょう?

それはね。
ズバリ、相手への期待があるからよ!

人は誰でも、何か行動を起こすときには結果を見越していますよね。

『たぶん、このくらいの反応があるだろう』と予想しているときに、それと大きく違う反応が来ると『なんでそうなるの?』とイライラしてしまうのです。

  • 自分ならもっと工夫するのに
  • ふつうはもっと勉強する
  • 1回怒られたことを繰り返すなんて
  • 習ったことをメモするのが当然

こういう風に『新人は当然こうあるべき』という期待が、先輩の方にあるんだと思います。

それを裏切られるので驚き、イライラしてしまうのです。

指導しながらイライラしていることに気付いたときは、目の前の新人に何かを期待をしているのだということですね。

確かに。言われてみると『ふつうはこのくらい出来て当然』という気持ちがあるかも…

新人指導でイライラしないコツ

では具体的に、新人指導でイライラしないためのコツ6つを、説明しますね。

1.何のために指導をしているかを思い出そう!

これは、指導する先輩に常に考えてもらいたいことです。

指導はいつもどおりの業務をしながらの追加業務ですし、「なんで私が指導までしないといけないの」と思う人もいるでしょう。

新人指導をする理由は、『後輩が一人前の技術者になるため』でもないし、『職場の業績アップのため』でもありません。

あなたの仕事がラクになるためです!!

この新人が成長すれば、あなたの仕事を任せられるようになるし、全体の仕事量も分散して楽になるし、残業も減るのよ

そう考えると、そうですね。
私の仕事量を減らすためか…

自分にメリットがあるから、新人指導を頑張っているんだということ。このことを、覚えておきましょう。

目の前の新人が少しでも仕事を覚えれば、あなたの負担は確実に減ります。

自分の仕事の負担を減らすために、この新人に仕事を覚えてもらう!という意識を持ちましょう。

自分の仕事を楽にするために新人を育てていると思えると、新人が何か一つ成功するごとに一緒に喜べますし、覚えが悪くても何とか覚えてもらおうと工夫する気持ちが持てます。

この気持ちの切り替えは、イライラ予防にとても効果のある方法なので、ぜひ覚えておいてください。

2.自分とは違う人間なので、常識も価値観も違うと諦める!

あの新人さん、すごく変わってますよね!
常識を知らないんですよ!

先輩から『非常識だ』と言われたり、『ちょっと変わった子だ』といわれる新人さんは、毎年います。

そもそもみんな個性があるので、『普通の子』と『変わった子』という分け方が出来るものではないですよね。こういう場合に先輩が言う『変わった子』というのは、協調性がない子空気を読めない子が多いです。

どんな内容であっても、『これは常識でしょう?』という言葉では解決できません。みんなが違う家庭環境で育った人たちが集まる職場なので、あなたにとっての常識が必ず正しいとは限らないのです。

あなたにとって子供のころから躾けられてきた常識的なことも、家庭が変われば常識も変わります。

常識がない!とイライラしても解決しません。
人によって常識が違うことを受け入れましょう!

たとえばわたしは、以下のような経験があります。

  • 新人研修の期間中に、机にうつぶせて眠っていた
  • 欠勤の連絡をLINEで師長に送ってきた
  • 注意をしたら「あ、ごめんなさーい」と謝る
  • さっきの処置を説明しようかと誘ったら「早く帰りたいので」と断られた

ええーっ!!
こんな看護師がいるんですか?

はる

実際に経験したのよ
私も驚いたけど、いろんな人がいるのよね

しかし新人は、悪気があって(私を怒らせようと思って)やっているわけではありません。何が悪いか分かっていない、社会人のルールを知らないのです。

そのため、新人1年生の時は、大人の世界のルールを教えることも師長や先輩の役割なのだと思うことにしました。

はる

こういうことを学ぶ機会がなかったんだな
いつか恥をかく前に教えてあげよう

そう思うと、腹が立たずにすみます。

「自分は常識だと思っていたが、そうではなかった。世界は広いなぁ」と捉えてください。

自分にとって珍しいことに出会ったわけですから、面白いと思えるはずです。そして新人に「これは社会の常識だから、知らないと恥ずかしい思いをするよ。覚えておいてね」と教えてあげましょう。

3.怒った分のエネルギーがもったいない!

指導をしても伝わらなかったり、同じミスを繰り返されると、つい怒ってしまいますよね。しかし、先輩が怒っても後輩には何の効果もありません

逆に先輩を怖がるようになって相談しなくなったり、委縮して説明内容が頭に入らなくなって指導効果が下がるだけです。

怒っても指導効果がでないのなら、怒るエネルギーがもったいないですよね。

ムカッとなったときに、心の中で『怒っても無駄だ、自分が損をする』と思い出してください。

怒ってしまうと自分も落ち込みます
特に泣かれると、自分が悪者に感じます

はる

せっかく熱心に指導してくれても、怒ってばかりの先輩を好きになる後輩はいないのよね。嫌われ役になってしまうかも…

熱心に指導をしているのに新人には「怖い人」というレッテルを貼られてしまいます。上司からも「新人をいじめるな」と指導を受けることもあるでしょう。

怒ってしまうと、損をするのは自分なんです。

『アンガーマネジメント』

アンガーマネジメントという手法があります。イライラや怒りの感情をコントロールするための方法です。

これは看護協会の研修でも話題に出るので、知っている人もいると思います。

怒りの衝動は、最初の数秒間がピークだということです。まずは自分が腹が立ったことに気付いたら、6秒間だけ感情を我慢します

この6秒間というのは、怒りで体内に分泌されたアドレナリンが、からだ中を駆け巡るのにかかる時間らしいです。

この最初の6秒間を乗り切れば、怒りやイライラの感情はピークを越えているので、自分でコントロールしやすくなるんだそうです。

私は普段からあまり怒らない性格ですが、イラっとしてしまった時にはそのままその場を離れて、休憩室で一口お茶を飲むようにしています。

外の景色を見て深呼吸したり、お茶を一口飲んだりして、気持ちを静めましょう。

そうすると少し落ち着いて話を再開することができるはずです。指導を淡々と再開しましょう。

イライラしやすい人は、アンガーマネジメントを少し勉強してみることをおすすめします!
心のコントロールが出来るようになると、きっと気持ちがラクになりますよ!

自分がイライラしやすい、怒りっぽい、後輩から怖がられていると感じている人には、とても役立つスキルです。

おすすめ本を紹介しておきます。ほかにもたくさん本が出ているし、研修もあります。少し勉強してみるだけでも気持ちが変わると思うので、ぜひ読んでみてください

4.「こんなことまで?」←仕事に必要なことは全て教えるしかないんです!

新人さんが、教えてもらってもお礼を言わないんです。
そんなことまで教えないといけないんですか?

「こんなことまで教えるんですか?」というのも、先輩からよく聞くセリフです。

◇仕事のやり方を教えていたが、その説明で使う道具の使い方から説明することになった

◇挨拶や片付け、ちょっとした言葉遣いなど、大人としてのマナーまで教える必要があった

いったいどこまで指導すればいいのかと、途方に暮れてしまうのも分かります。

【以前わたしはこんな経験をして驚いたことがあります】
新人がホワイトボードに油性ペンで書いていたので「それは油性ペンだよ」と声を掛けました。
しかし新人はキョトン顔。
ペンを間違えていることを伝えたかったのですが、うまく伝わりません。
その新人看護師さんは、ペンに油性や水性、ホワイトボード用などの種類があること自体を知らなかったのです。
「こんなことまで知っているかどうかを確かめないといけないのか」と驚きました。

何をどこまで教えるか、という決まりはありません。

とにかくその新人が知らないことで、仕事に必要な知識は全て、教える必要があるということです。

 こんな経験も・・・

◇欠勤の連絡を師長あてにLINEで送ってきたので、職場に電話するように教えた

◇出勤時にステーションに入る時に挨拶をするよう教えた

◇質問に答えるとそのまま無言で立ち去ったので、教えてもらったお礼を言うよう教えた

◇電話対応時、ガチャンと受話器を置かないこと、相手が切ってから受話器を置くことを教えた

こういう内容は、業務上の指導ではなくて、生活上の指導ですよね。大人になって職場の上司から習うような内容なのか?という思いはありますが。

正直に言って、学校や家庭で教えておいてよって思ってしまいます

はる

今さらそれを言っても仕方ないわ。
知らないのなら教えるしかないよね!

職場で指導する内容がどこまでか、決めることはできません。とことん!必要なことは全部、覚えてもらいましょう

5.同じ土俵に立たない! 先輩であることを思い出して余裕をもった大人な対応を!

教えてるときに、聞く態度が悪いんですよね
それを見るとイライラしちゃうんです

ミスを指摘するとむくれたり、指導を受ける新人の態度が悪いと、指導している先輩はイライラしますよね。

プイっと顔を背けたり、話を聞いてなかったり。そういう態度をとられたとき、カーっとなって「その態度は何なの?!」と言いたくなるでしょう。

しかし、ここで感情的に怒らないようにしましょう

先輩が感情的になったら負けです

指導を受けている新人が、指導者の先輩に対して失礼な態度を取っているという状況は、新人側に落ち度があります。

反省すべきは新人であり、先輩に非はありません

ただしこの場面で先輩が感情的に怒鳴ってしまうと、先輩側にも反省すべき点が出来てしまいます。

あくまで先輩は、冷静に落ち着いて、穏やかに指導をしてください。

その先輩の余裕のある大人な態度こそが、大きなポイントなのです

先輩に対して態度が悪い時、そのまま黙っていると「なめられる」と思うかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

組織全体から見ると、新人は仕事も半人前でまだあまり役に立たない人材です。対してあなたは、仕事ができて組織に貢献している大切な人材です。

あなたの方が下に見られる、なめられるということは、その組織であなたが活躍している限り、絶対にありません。

そのことを思い出して、大人の余裕で見守ってあげてください

決して同じ土俵に立ち、なめられないように大声で怒鳴ったり、叱ったりしてはいけません。

一歩も二歩も引いて、「困った子だな。できなくて困るのは自分なのに」と思いましょう。 

お互いに感情的になってしまうと、新人は『怒られた』『いじめられた』と受け止めてしまいます。そうなると先輩が不利になりますよ!

6.抱え込まずに情報共有! 上司はあなたの味方だと思い出して!

指導が上手くいかない…
どうしたらいいんだろう…

師長や主任に相談して!
一人で頑張る必要はないのよ!

◇人より成長が遅い

◇やる気がない

◇態度が悪い

◇言ったことを守らない

そういう新人の指導について、独りで悩む必要はありません。どんどん上司に報告をしましょう

できるだけ具体的なエピソードを記録し、どういう指導をしてどんな結果だったかをまとめておきましょう

どれだけ指導をしても、フォローもしていても、成長が遅い新人はいます。

そのことに、独りで責任を感じる必要はありません。

やるべきことをやっていて、そのことをきちんと確認できれば、上司は公平に判断してくれます。

私のやり方が悪いと思われる?
私の評価が下がるんじゃないかな?

どのような指導をしたか、その結果どうなったか
具体的なエピソードを集めて報告するといいですよ!
かならず正しく評価をしてくれます!

難しい新人を相手にするときには、上司にこまめに相談をしてアドバイスを受けましょう。そのうえで結果を報告し、本当に教育が難しい新人であることを、上司と共有しましょう

そうすることで上司と責任を分散することができます

番外編:上司から見た新人指導の目的は?

ちょっと、番外編ですが。

上司から見た新人指導の、本当の目的とは何でしょうか。

新人が早く仕事を覚えて、部署の業績アップ?

退職者の穴を埋めて業務に支障が出ないようにする?

いえいえ。違います。

実は上司は、新人の成長を期待して新人指導をさせているわけじゃありません。

指導をするあなたの成長を期待していて、そこを評価しているんです

新人は、現場に加えられば仕事についていくために必死に努力をしますし、知らないことばかりなので、何を見聞きしても勉強になります。

そんな環境にいれば、放っておいても必ず成長するんです。

それよりも、すでに一通り仕事を覚えたあなたを、さらに一回り成長させるために新人指導という課題を与えているのです。

上司は、あなたが新人とどのように関わっているか、新人から信頼されているか、アイデアを出して積極的に指導しているかなどを観察して、あなたを評価しています。

新人に配慮しながら仕事できているかな?
こまめに声をかけてフォローしているかな?

新人の評価じゃなくて、指導する私が評価されていたんですか?!

上司がどういう視点で見ているかを知っていると、働き方も変わりますよね。ぜひ知っておいてくださいね!

まとめ

今回は、新人指導にイライラする先輩看護師に、イライラしないコツを6つ説明しました。

新人指導は、自分のためでもあることを忘れずに取り組みましょう。

相手は未熟な後輩です。相手の態度が悪かったり失礼な言動があっても、一緒になって怒らずに、大人の余裕でかわしてあげてくださいね。

もしも自分がイライラしやすい性格だと思ったら、ぜひアンガーマネジメントについて勉強してみてください。きっとあなたの心を軽くしてくれますよ。

新人看護師が職場になじむために「今年こそ新人を辞めさせない! 今すぐできる、新人の居場所づくり」の記事も役立つはずですので、参考にしてください。

新人指導を任されて、毎日つらい思いをしている先輩の助けになればと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この他にも、ミスを起こしてしまったときや、同期と比べられてツラい時、怖い先輩がいる時など、仕事がツラいと思った時の対処法をまとめています>>【看護師の悩み】仕事がつらいと思った時に読んでほしい

参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる