看護師の転職|希望条件はこうやって決める!

こんにちは。看護師長のはるです。

転職をしようかと思っている看護師さんは、転職先をどうやって選びますか?

転職サイトで検索したり、ホームページで探したりしますよね。

世の中には、看護師の求人情報が本当にたくさんあります。

その中から自分に最適な求人情報を見つけるのは、とても難しいものです

この記事では、転職時の希望条件の考え方を紹介します。

この記事を読めば自分の転職時の希望条件をきちんと整理でき、転職活動に迷わずにすみます。

ぜひ最後まで読んで、自分の希望条件をきちんと整理しておきましょう。

目次

転職する理由の確認

まず初めに、自分が転職をする理由をはっきりさせましょう。

いまの職場の退職理由ですね

・他にやりたい専門分野がある
・知識をつけてキャリアアップしたい
・給与や休みが不満
・通勤時間がかかりすぎる
・嫌いな人がいる

たとえば、こういう理由でしょうか。

自分が今の職場では叶えられないと思った望みがあって、転職をしているはずです。

その望みこそ、あなたの希望条件になります。

誰にも見せなくていいので、思いつく限りたくさん書き出してみましょう。

希望条件の決め方

一般的な希望条件

・エリア(場所)

・働きかた(常勤、派遣、バイトなど)

・夜勤あり、なし

・仕事内容(病院、施設など)

・給与や休みの数

エリア(場所)

今の家から通うのか、引っ越しも可能なのかを考えましょう。

たとえば独身者の場合や、今の職場の寮に入っている場合などは、思い切って県外に引っ越すことも可能です。

場所にこだわらずに求人活動をすれば、より好条件の求人が見つかりやすくなります

都市部よりも人の集まりにくい地方の方が、給与などの条件がいい場合も多いです。

今の家から通う場合でも、通勤方法によってエリアが絞られます。

通勤時間が1時間以上かかっても良いのか、出来るだけ近くがいいのか。

それも希望条件として考えましょう。

働きかた(常勤、派遣、パート)

働き方に関する条件です。

常勤、派遣、パートの働き方を紹介します。

自分がどのように働きたいのかを考えて決めましょう。

正社員(常勤)

働く先の職場に正規職員として雇用されるのが、正社員です。

はたらく期間に期限はなく、決められた勤務時間で出勤して仕事をします。

毎年少しずつ給与が上がっていき、退職時には退職金も支払われます

経験や能力によって評価をされて、責任ある仕事を任されるようになります。

看護師としてのキャリアアップを目指しやすく、昇格して主任や師長などの役職に就くこともあります

また、住宅手当や通勤手当がもらえたり、寮や託児所が利用できるなど、福利厚生が整っていることも多いです。

長く安定して働けて、ボーナスも受け取れるので、金銭的な心配は少なくなります。

正社員の雇用は法で守られているので、簡単にクビになることはありません。

生涯の仕事として看護師を続けるためには、正社員を目指した方がいいでしょう

派遣

派遣会社に登録し、そこから仕事をする場所に派遣される形の雇用です。

給与を払ってくれるのは派遣会社です。

老人ホームやデイサービスセンターへの派遣が多いです。

病院やクリニックへの派遣は少し種類が違って『紹介予定派遣』といいます。

紹介予定派遣

派遣期間が終了した時に、派遣先が直接雇用することを前提とした派遣のかたち。派遣期間が終了するときに、派遣先の病院と、派遣スタッフがそれぞれ意志を確認して、お互いにそのまま直接雇用を望んだら、直接雇用が成立します。

はたらく場所を気軽に変えられることがメリットです。

働く曜日や時間、仕事内容なども希望を言いやすく、希望と合わなければすぐに別の施設に移ることができます

そうやって何か所か経験して、自分に合いそうなところを見つけたら正社員を目指すという方法も可能です。

派遣会社に雇用されるので、最低限の社会保険は整っている場合が多いです。

ただし自分が気に入っても派遣先の施設が正社員を募集していない場合もあります

その場合は別の施設への就職を目指すか、派遣を続けていくしかなくなります。

派遣期間終了時に更新してくれるかどうかは保証がないので、雇用が安定しないのが最大の不安です

パート、アルバイト

働く時間や日数を少なくする場合は、パートやアルバイトでの雇用になります。

週に2回だけや、一日4時間だけという働き方が可能です。

自分で働く日数や時間帯を選んで、自由に働けるのが最大のメリットです

出産後のママさんナースなどが働きやすい方法でしょう。

求人も少なくないので、職場が合わなければ変わることも可能でしょう。

給与は時給制となる場合が多く、昇給には不利です。

ボーナスや退職金も期待できなかったり、手当も交通費くらいしか支給されない場合が多いでしょう。

福利厚生の面では正社員のようには保証されていません。

長く働いても責任ある仕事を任されにくく、自分より仕事のできない正社員の方が給与がよい場合があるなど、不利な面は多くなります。

夜勤あり、なし

転職を機に夜勤なしの仕事に変わりたいという人もいますよね。

夜勤を行うかどうかは、仕事選びで重要です。

必ず決めておきましょう。

夜勤なしの看護師の仕事も色々あります。

  • 訪問看護
  • 美容系クリニック
  • 治験コーディネーター
  • 産業看護師
  • 保育園

例えば訪問看護であれば、夜勤はないけどオンコールや待機があります。

そういった働き方が可能かどうかを家族と相談しておきましょう。

夜勤なしの仕事については>>夜勤なしで働く看護師|給与は?どんな仕事?の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

仕事内容(病院、施設など)

仕事内容や職場の希望を考えます。

やりたい看護は何ですか?

  • ターミナルケアがやりたい
  • 急性期で経験を積みたい
  • 在宅での生活を支えたい
  • 施設看護がやりたい
  • 医療処置のない職場がいい

やりたいことが決まっている人は、その条件で求人情報を探すだけです。

はっきりとやりたいことが決まっていない人は、まず自分の強みを考えてみましょう

これまで自分が経験したこと、習得したことを思い出してみてください。

そこで自分が獲得した看護師としての強みは何ですか?

その強みを活かして専門性を高めたいのか、別の強みを手に入れたいのか、まずはそれを決めましょう。

そして今の職場環境・仕事内容のなかで、変えたい部分はどこなのかをはっきりさせましょう。

その「変えたい部分」こそが、あなたの転職の希望条件であるはずです。

特にやりたいことがない場合は、消去法で考えてみましょう

『これはイヤだ』という条件だけでも見つけておくと、求人情報を探しやすくなりますよ。

給与や休みの数

給与や休みの数は、プライベートの充実のためには大切な条件です

具体的な希望はありますか?

いまの給与と比べて考えてみても良いでしょう。

まずは転職サイトに無料登録して、いくつか求人情報を見てみると相場が分かります

自分の住んでいるエリアでは大体どのくらいの給与で、何日くらいの休日かを分かっていれば、希望も考えやすいです。

給与さえよければどんな職場でも構わないのか、給与が少し下がってもいいからやりたいことがあるのか。

自分の気持ちをよく考えてみましょう。

優先順位を決めていく

希望条件の全てを満たす求人は、なかなか見つかりません。

あなたが次の職場に求める希望条件の、優先順位の高い項目が何かを考えておく必要があります。

やりたい分野、やりたい仕事がある人は、今より通勤時間が多少伸びてもそちらを選ぶでしょう

また家族のため給与アップを目指している人は、そのために少し夜勤や残業が増えても構わないと思っています。

自分にとって優先順位の高い希望時条件がどれかを考えてください。

全てを順番に並べる必要はありませんが、優先順位の高いものと低いものに分けるくらいはしておきましょう。

絶対に譲れない条件があるかどうか

優先順位の高い希望条件を決めたら、その中から絶対に譲れない条件があるかどうかを考えましょう。

ほかの希望条件がすべて叶わなくても、絶対に譲りたくない条件がありますか?

この病院で働きたい!
給与や待遇は問題じゃない

ここまで思えれば、あとは一直線に面接を受けるだけです。

ここまで強い気持ちがなくても、優先順位を決めていることで転職の軸が出来ているはずです

自分にとって転職活動の軸となる希望条件をかなえられる求人の中から選びましょう。

この軸を守ることで、満足度の高い転職ができますよ!

一人で考えなくてもいい

自分の希望条件がはっきりと決まっている人は、迷いなく転職活動ができます。

その条件を軸に転職すれば、満足度の高い転職も可能になるでしょう。

しかしはっきりと希望条件が決まっていない人もいると思います。

私自身も最初の転職の時は怖い先輩から逃げるように退職してしまったため、次の職場の選び方が分かりませんでした。

希望条件の優先順位や譲れない条件を決めないままで転職をすると、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうかもしれません。

転職活動に失敗しないためには、きちんと希望条件をきめておくことが大切です。

そこでおすすめなのが、転職のプロである転職エージェントへの相談です。

一人で希望条件や優先順位を考えてもうまく考えがまとめられないひとは、エージェントに相談して一緒に考えてもらうことをおすすめします。

まだはっきり転職するかどうかを決めていない場合でも、無料で相談に乗ってくれます。

エージェントは、あなたの住んでいるエリア周辺の求人情報も教えてくれますし、これまで転職したたくさんの人たちのノウハウも把握しています。

人間関係や働きやすさなどを把握しているエージェントもいて、教えてもらうことができます。

一人で考えるよりも、プロにアドバイスしてもらいながら考える方が、効率よく成功率の高い転職活動ができるのでお勧めです。

おすすめの転職エージェントは>>【看護師】転職で本当に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェントで紹介していますので、参考にしてください。

まとめ

転職で求人情報を選ぶときに必要な、希望条件の決め方を紹介しました。

一般的な希望条件

・エリア(場所)

・働きかた(常勤、派遣、バイトなど)

・夜勤あり、なし

・仕事内容(病院、施設など)

・給与や休みの数

まずはこれらの条件について、それぞれ自分の希望をはっきりさせます。

そのうえで、自分が優先する条件を決めておくことが、転職活動の軸になります

自分一人で希望条件を決めるのが難しければ、転職エージェントと一緒に考えるのもおすすめです。

しっかり自分の考えと向き合ってどんな転職をするのかを決めて進めていきましょう

この記事が転職活動の参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる