病院以外でも働ける!看護師の転職先 9つ【新人でも大丈夫】

この記事で分かること
  • 病院以外で働くメリット
  • 病院以外の転職先9つの特徴
    • クリニック・診療所
    • 老人ホーム、デイサービス、訪問看護ステーション
    • 美容外科、美容皮膚科
    • 健診センター
    • 企業ナース
    • 保育園
    • 治験コーディネーター
    • イベントナース、ツアーナース、レジャー施設の救護室
    • 献血センター

こんにちは。看護師長のはるです。

看護師資格を取ったら、とりあえず病院に就職する人が多いと思います。

しかし病院での勤務は重症者の対応や残業、夜勤など、大変な面もありますよね。

さまざまな研究で、医療従事者の40~60%が何らかの段階でバーンアウトを生じることが明らかになっています。

バーンアウト(burnout):極度の疲労などが原因で、これまで活発だった人が急に意欲をなくして燃え尽きたようになって何もしなくなる状態

そこで挫折して、そのまま看護師を辞めてしまう人もいます。

せっかく国家資格をとったのに、もったいない!

看護師の職場は、病院だけではありません。

資格を生かした働き方はたくさんあります!

5回の転職経験がある私が、病院以外の転職先を9つ紹介します。

この記事を読めば、病院での仕事にこだわらなくてもいいことが分かります。

知識を持つことで選択肢を広げて、新しい一歩を踏み出しましょう!

退職には事前準備が大切です。

スムーズな退職のための準備と、引き止められない退職理由をまとめていますので、参考にしてください。

目次

看護師資格は強い! 病院以外にも仕事はたくさんあります

私はいまは地方都市の中規模病院で、看護師長をしています。

これまでに5回転職をしました。

美容形成クリニックや、小さな町の診療所。

フリーターになり、単発アルバイトでクリニックや、ツアーナース、イベントナースをしたり。

病院以外でも看護師として十分にやりがいを持てるし、面白い仕事もたくさんあります。

さまざまな選択肢を知って、自分に合う仕事を見つけましょう!

病院以外で働く看護師のメリット

病院以外で働くことは、こんなメリットがあると思います。

・夜勤がなくて生活リズムが整う
・重症者の対応がないので、精神的なプレッシャーが少ない
・残業がすくない

学校や現場で学んだ専門知識を活かせて、生活リズムも整う転職。

充分に検討の価値があると思います。

では具体的な転職先を紹介します。

病院以外の転職先9つ

転職先1:クリニック・診療所

わたしも働いたことがあります。

病院と比べて規模が小さく入院設備がないところも多いです。

医師も看護師も数人で、慢性疾患や風邪のような軽症患者さんを中心に診察しています。

クリニックや診療所で働く魅力は、夜勤がないことと、重症者対応へのプレッシャーがないことです。

私が経験した医院は、入院設備があったので夜勤はしていましたが、重症者はいませんでした。

この精神的な安心感は大きかったですね。

ただしスタッフが少ないので、みんなで協力して働く必要があります。

例えば、こういう業務をしていました。

・受け付け業務
・カルテの作成
・夜間の施錠、戸締りの確認
・外線電話の対応
・掃除やごみ捨て

大きな病院ではそれぞれ専門スタッフがいるので、初めての経験でした。

「これ、看護師の仕事?」と言い始めると、難しいと思います。

柔軟な対応力が求められますね。

給与や勤務状況は?

給与は夜勤のある病院よりは少し下がります

しかし日祝日休み、土曜日も半日など、ワークライフバランスは改善されます。

専門的で難しい業務は少なく、オールマイティな知識と基礎的な技術が求められます。

基礎的な技術のみなので、新人でも就職が可能です。

スタッフの年齢層が高いことも多いので、新人で入ると年齢が近い人は少ないかもしれません。

年齢を気にせずコミュニケーションが取れれば、早くなじめるでしょう。

転職先2:老人ホーム、デイサービス、訪問看護ステーション

介護関連施設で働いている友人は多いです。

特に最近は在宅看護の需要が高まっていて、盛り上がっている業界です。

介護施設で働いている主な職種は、介護福祉士です。

看護師の人数は少なく、数人です。

薬の管理や、傷の処置、入浴前のバイタルサインチェックなどが主な仕事です。

介護施設で働く魅力は、肉体的な負担が少ないことと、残業が少ないことです。

日常生活ケアは介護士が行うため、病院に比べると肉体的な仕事は少なくなります。

重症者はいませんが、高齢者なので急変などは避けられない面があります。

医師がいない現場のため、介護士から医療上の判断を求められる場面は多いです。

経験のない新人だと、そこが少しハードルになると思います。

しかし新人が1人きりで勤務することはありませんし、あらかじめ医師の指示がある場合がほとんどです。

少し慣れてくれば新人でも十分に働ける職場でしょう。

給与や勤務状況は?

給与は夜勤のある施設の場合、病院と変わらない金額になります。

夜勤がなく、軽症者しかいない施設であれば、少し下がってしまうでしょう。

夜勤や残業が少ないので、ママさんナースが多いです。

看護師の人数は少ないので、あまり険悪な雰囲気にはなりにくいでしょう。

介護士が多く介護士中心で動いている施設も多いため、病院経験のある看護師が転職すると、その雰囲気の違いには驚くと思います。

最初は介護士との業務の分け方や、責任の範囲に戸惑うところもあるでしょうが、積極的にコミュニケーションを取ってチームに加わるようにしましょう。

転職先3:美容外科、美容皮膚科

わたしも働いたことがあります。

経験年数4年での、2回目の転職です。

私が働いていたクリニックは、女性専用の完全予約制でした。

美意識の高いお客様ばかりなので、職場もキレイで働きやすかったです。

お客様が快適に過ごせる空間となるよう、私語もなく、礼儀正しいスタッフばかり

大きな声で怒られたり、出来ないことを人前で指摘されることなど、あり得ません。

しかし、病院で働いていた時には知らない言葉ばかりで、勉強することは多くありました

しばらくは毎日、家に帰って習ったことをノートにまとめて覚えていました。

ただ清潔・不潔の概念や、傷を消毒してガーゼで覆ったり、医師の処置介助など基本は同じです。

これまでの経験も活かせて、ほとんど習わなくてもできる部分も多くありました。

給与や勤務状況は?

美容外科クリニックへの転職で魅力的だったのは、朝10時スタートだったことです。

それまでの病院勤務とくらべて朝がゆっくりできて、とても快適でした。

そして夜勤がなく日祝日が休みで、家族や友人と過ごす時間がふえました

4年目ナースだった私の場合、給与は転職前とほとんど変わりませんでした。

転職前は夜勤をして受け取っていた金額なので、夜勤なしで同程度なのは、うれしいですね。

人間関係は、クリニックごとに色々違うとは思います。

ただ私の働いたところは個人経営のクリニックで、事務2名、ナース4名でした。

ナースのうち2名はママさんで、仕事が終わったら走って子供のお迎えに行く人たちでした。

そのため職場の人同士の濃厚な人間関係もなく、仕事上のさっぱりしたお付き合いという感じ。

仕事はきっちりやりますし、必要なことは教えてくれますが、指導にそこまで熱心ではなかったです。

完全予約制なので急に忙しくなることもなく、全体的にのんびりした雰囲気の職場でした。

転職先4:健診センター

私は経験がありませんが、友人が何人も働いています。

やはり魅力は、夜勤がないことと、重症者対応へのプレッシャーがないことです。

残業もありません。

健診に訪れるたくさんの方を案内したり、採血をしたりが、主な仕事です。

難しい処置などはないので、新人さんでもすぐに戦力になれるでしょう。

大勢の方の対応をするので、ある程度はコミュニケーション能力が必要です。

話好きな方や、血管が見えづらい方など、それぞれに対応しながらスムーズに回す必要があります。

あとは、検診結果の入力や、書類業務もあるようです。

毎日同じような業務内容になるので、刺激的な毎日を送りたい人には不向きかもしれません。

淡々と仕事をこなせる人に、向いていると思います。

給与は、夜勤をしている病院ナースよりは少し下がるようです。

しかしその分、ワークライフバランスが改善されることは、間違いないです!

転職先5:企業ナース

大企業では、施設内に医務室や健康管理センターを設置しています。

そういう場所での求人もあります。

私の友人も、1年ほどの短期間ですが、働いていました。

その友人がいた企業の医務室は医師1人、看護師2人でした。

主な仕事は健康診断の案内と、結果のフィードバックです。

要再検査になっている人に再検査を促したり、生活指導をすることもあったそうです。

部屋で看護師2名で事務作業を続けるので、相性が悪い相手だとツラいかもしれません。

企業によっては看護師が1名の医務室もあります。

その場合は指導を受けることも、相談することもできません。

新人が就職することも可能ですが、看護師として経験を積んで成長していくことは難しいでしょう。

その代わり、ビジネスマナーやPCスキルは、成長できると思います。

給与や勤務状況は?

給与は、夜勤をする看護師に比べれば下がります

しかし大企業であれば、その分給与は高くなります。

魅力はやはり、夜勤や残業がなく、医療処置もないことです。

デスクワークが中心になります。

新人で入った場合、将来病院で働くにはかなりの努力が必要になるので、慎重に選びましょう。

転職先6:保育園

市町村によっては、一定人数以上を預かる保育園には、看護師を配置するように決まっているところがあります。

そのため、多くはありませんが、保育園の求人もあります。

仕事内容は、病気やけがを予防する取り組みや指導と、子供の急な発熱やけがの対応です。

それ以外の時間は、保育さんと一緒に保育のお手伝いもするようです。

給与や勤務状況は?

夜勤がないことが魅力ですが、その分給与は下がってしまいます

簡単なケガの対応などはしますが、基本的に医療処置はないため、新しい技術を身につけることなどは難しいです。

看護師は園に1人というところが多いため、新人で就職すると指導者や相談相手がおらず、大変かもしれません

また技術的に成長するのは難しいため、将来病院で働くにはかなりの努力が必要になるので、慎重に選びましょう。

転職先7:治験コーディネーター

私の病院でも新薬の治験のときに、コーディネーターさんが常駐します。

スーツで働いている姿がカッコいいです。

治験は、新薬開発の最終段階で、人体への安全性と有効性の確認のための臨床試験です。

治験コーディネーターの詳しい仕事内容については、ジョブメドレーさんの記事がおススメです!

給与や勤務状況は?

知り合ったコーディネーターさんは、日祝日休みでデスクワーク中心であることが魅力的だと言っていました。

覚えることは多くて、始めの頃は研修や勉強会が忙しそうです。

指導もきっちり受けていました。

その分、給与は病院勤務の頃よりも上がるようです。

新しい職種にチャレンジしよう!という決意があれば、長く続けられる職業のようです。

治験専門病院での仕事もあります

治験専門病院というものがあります。

その病院でも看護師を募集しています。

ここでは治験にまつわる採血や注射、患者の対応や医師の補助をします。

友人が働いていて話を聞きましたが、とても魅力的でした。

治験を受けるのは健康な男女なので、重症者対応などはありません

決まった時間に注射をしたり、採血をしたりします。

治験者は自由に外出ができないため、ストレス解消のために、看護師が付き添って映画を見に行くこともあるそうです。友人も仕事として、治験者を数名連れて映画を見に行ったと言っていました。

その他には書類整理や医師の診察介助などもあるそうですが、基本的にあまり忙しくはないようです。

残業などもなかったそうです。

転職先8:イベントナース、ツアーナース、レジャー施設の救護室

わたしも経験があります

これまでに私が経験した仕事を紹介します。

イベントナース
・コンサート会場の救護室
・夏の自治体イベント(お祭りや花火大会)の救護テント
・レジャー施設内の救護室
ツアーナース
・修学旅行の付き添いナース
・小児喘息の子供たちとキャンプ
・高血圧の患者会の人たちと旅行

これらは派遣会社に登録して紹介してもらって、単発バイトとしておこなっていました。

レジャー施設の救護室は、長期で働いている方の連休のためのヘルプ求人でした。

これはとても面白くて、いい経験になりました。

イベントナースの詳細

お祭りや花火大会の会場に救護テントがありますよね。

大きな会場だと、何か所も設置されています。

医師は本部テントにいて、他のテントには看護師と事務員だけがいる場合が多いです。

3時間~5時間くらいのイベントが多いですが、対応する患者数はそんなに多くありません。

少ない時は2~3人しか来なかったときもあります。

転んでケガをしたり、靴擦れしたり、外傷が多いです。

その場で傷を洗って、止血して、被覆材を貼ってあげます。

ケガが深かったり、痛みが強ければ、病院に行くように促します

迷ったら医師に無線で相談したり、診てもらうことができます

コンサート会場や、夏場のイベントでは、熱中症や過呼吸も来ます。

その場合も医師に対応を依頼して、看護師は診察介助をします。

難しい対応を迫られることは、ほぼありません。

交通費とお弁当が支給され、日給で10,000円~15,000円程度でした。

仕事中はその場を離れられないので、イベントを見て回ったり、コンサートを見ることはできません。

テントからチラッと見える花火を見たり、漏れ聞こえてくるコンサート音楽を聴く程度ですので、イベントを楽しもうとは思わないでくださいね。

ツアーナースの詳細

修学旅行の付き添いが多いです。

わたしは中学生と高校生しか経験がありませんが、小学校の求人も多かったです。

基本的には現地集合で、移動には付き添いません。

学生は県をまたいで旅行をすることがあります。

その場合は、その県ごとに別のナースが雇われていることもあります。

ナースを雇うのは、修学旅行を企画している旅行代理店です。

駅や空港で学生と合流し、その県内の旅行を付き添い、再び駅や空港で別れます。

その時、次の滞在場所にいるツアーナースに向けて申し送り書を作成して預けます。

申し送り書には、その日に体調が悪い生徒の情報やどんな対応をしたかが簡単に書かれています。

医師は付き添わないため、ツアーナースは市販薬を使っての対応しかできません。

学校が救急箱を準備していますので、その範囲で対応します。

多いのは靴擦れや筋肉痛、頭痛、腹痛などです。

安易に薬を渡せないので、アレルギーや服薬歴の確認をして対応します。

必要なのは、このまま様子を見るか、病院に行かせるかの判断ですね。

その他、患者会の旅行にも何度か付き添いました。

私は国内だけですが、友人は糖尿病患者会のハワイ旅行に付き添っていました。

小児喘息の子供たちのキャンプは、親も医師も同伴だったので、ほとんど仕事がありませんでした。

医師が付き添わないツアーだと、小児の対応に精通しておかないと、難しいかもしれません。

子供や親とのコミュニケーションが必要なので、社交性がある人が向いていると思います。

大人の患者会の場合は、もう少しハードルが低いです。

ここでも「病院に行った方がいいかどうか」の判断をするのが、主な役割でした。

あとは、日常生活での注意点についての質問が多かったので、事前学習してから参加していました。

これらは単発バイトでしたが、普段の看護師と仕事とは違う、面白い体験でした。

一般の人に混じって看護師として働く機会は少ないので、看護師の良さを再確認できました。

期間は8時間~2泊3日くらいでした。

宿泊の場合でも勤務時間が記載されていますが、それはあまり守られませんでした。

旅行のしおりに看護師の部屋番号が書かれていて、体調が悪いと夜中でも部屋を訪ねてくることがありました。

旅行付き添い中の食事やホテルは提供され、観光地の入園料なども提供されいます。

日給で13,000円~18,000円程度でした。

転職先9:献血センター

献血センターも、看護師として働くことができる場所です。

主な仕事は採血と、献血です。その他にも受付や案内、説明などの事務的業務があります。

この仕事の魅力は、夜勤がないことと、残業がないことです。

対象者は健康な人なので、急変のプレッシャーもありません

ワークライフバランスを重視する人には、良い職場でしょう。

しかし求人はあまり多くはありません。

採血スキルと、コミュニケーション能力が必要なので、新人で募集しているところは少ないです。

1年ほどの経験があれば問題ないと思います。

給与や勤務状況は?

夜勤も残業もないので、給与は下がってしまいます

難しい医療技術は必要なく、残業もありません。

また技術的に成長するのは難しいため、将来病院で働くにはかなりの努力が必要になるので、慎重に選びましょう。

まとめ

病院以外で看護師として働ける転職先を9つ、紹介しました。

  • クリニック・診療所
  • 老人ホーム、デイサービス、訪問看護ステーション
  • 美容外科、美容皮膚科
  • 健診センター
  • 企業ナース
  • 保育園
  • 治験コーディネーター
  • イベントナース、ツアーナース、レジャー施設の救護室
  • 献血センター

それぞれの仕事内容と給与について紹介しました。

病院での看護師業務を辞めたいと思っている人にとって、選択肢になればと思います。

転職先を効率よく探すなら、転職サイトに登録するのがおススメです。複数のサイトに登録して、いろいろな情報を見てみるところから始めましょう。

私が体験したことのある転職サイトを紹介しているので、興味があったら読んでみて下さい。

応援ナースと転職でお世話になった>>【オリコン顧客満足度1位】ナースパワーって何で人気なの?

認知度ナンバー1の転職サイトマイナビ>>【看護師転職サイト】マイナビ看護師ってどうなの?|実際に登録して分かった特徴と感想

退職を考えている人は、スムーズな退職のために事前準備が大切です。「師長が考える、看護師の完璧な退職準備」も参考にしてください。

病院以外でも働く場所はたくさんあります。

せっかく頑張って取った看護師資格を、ぜひ有効に活用してください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる