【看護師】「辞めたい」と言えない!その理由7つと対処法

こんにちは。看護師長のはるです。

看護師長という役職なので、仕事でいろんなスタッフの悩みを聞きます。

その中でも「辞めたいです」と言ってくるスタッフは、かなり勇気を振り絞った切羽詰まった表情で言いに来ます

ネットを見ていても「辞めたいけど言い出せない」「辞めたいと言うのは怖い」という書き込みをよく目にします

看護師は国家資格があるので、本来はフリーランスでも働けるし、職場を変わることで経験値を積んでよりステップアップできる技術職のはずです。

しかし現実は、引き留められて簡単にはやめられず、辞めたいと言い出せなくて困っている看護師がいるのです。

今回はみんなが辞めたいと言い出せない理由を7つあげ、それぞれの対処法について説明します。

退職に向けて求人情報のチェックをしておきましょう。

実際に退職が決まっていなくても、転職サイトに登録していろいろな求人情報を見ることができます。

登録は無料なので、いくつか登録していろいろな情報を検索してみてください。

おすすめの転職サイトについては>>【看護師】転職で本当に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェントの記事を参考にしてみてください。

また、どうしても退職させてもらえなくてつらい時、退職代行サービスを検討するという人もいるかもしれません。

退職代行サービスは業者の信頼が大切なサービスです。

職場と揉めて面倒なことになったというケースもあるようなので、きちんとしたサービスを選びましょう。

退職代行サービスで退職したケースの体験談を>>【看護師】退職代行で辞められる?|師長が体験した病院側の対応で紹介しているので、サービスを選ぶ参考にしてください。

目次

辞めたいと言えない理由と、その対処法

1.怒られそう、非難されそうで怖い

師長

こんなに忙しい時期に辞めるなんて無理に決まっているでしょう!

こんな風に怒られるんじゃないかと、不安に思ってしまうんでしょう。

病院によっては(師長さんのキャラによっては?!)あるのかもしれません。

「3年でようやく一人前。その前に辞めるなんて根性がない!」
「みんなは続けられるのに、続けられないあなたに問題があるんじゃない?」

そういうヒドイことを言われるんじゃないかと恐れているのでしょうか。

実際には、そんなひどいことを言う師長さんは少ないと思います。

昔とは違います。ひと昔前まではこういう師長さんがいたように思いますが、時代は急速に変わりました

最近の管理職者研修でかならず教えることとして「パワハラ」の問題があります。部下との面談で、相手を傷つけるような言葉を使うリスクは、管理者なら分かっています

今の時代、部下からハラスメントを主張されると、師長の立場はかなりマズいことになるからです。

ただし客観的な証拠が必要ですので、本当に怒鳴られたり罵倒されそうな場合は録音しておくことをおすすめします

この場合の対処法

・まずは、話しやすい先輩に「辞めたいと思っているが師長に言い出せない」と相談してみる

・基本的には師長は怒らない。ただし辞めたいと思う理由は聞かれる、ということを理解する

・師長のキャラが怒りっぽくて、今回も怒られそうだったら、ICレコーダーで会話を録音しておく

2.ちゃんと説明できずに言い負かされてしまいそう

辞めたいと思う理由を、きちんと説明できないかもしれないと不安になることもあるでしょう。

師長の前では緊張してしまって、冷静に話しにくいですよね。

「とにかくツラい」
「いじめられてるわけではないが、なんだか怖い」
「ちゃんと説明できないが、とにかくもう職場に来たくない」

こういう気持ちを抱えているスタッフも多いですよね。

このあいまいな気持ちのままで「辞めたいです」と言いに行くのは、確かに勇気がいると思います

師長は必ず「どうして?」と理由を尋ねてくるからです。

師長

なんで退職したいのか、理由をきちんと説明して。
プロとして働いているのに、なんとなくでは辞められないわよ!

こんな風に聞かれることでしょう。

実際の法律上は、退職するのに理由は必要ありません。「一身上の都合」で退職届を出してしまうことは可能です。

ただしそれでは師長も看護部長も納得しないので、何度も理由を尋ねられるでしょう。

できれば理由を準備してから、師長に言いに行くことをおすすめします。

この場合の対処法

・自分なりの理由を考えてから話に行く。紙に書いて持っていって、それを見ながら師長と話すのもおすすめ
 「とにかくツラい」「毎日仕事にくるだけで涙がでる」などの理由でもいい。本当のことを自分の言葉でいうのが、一番相手に伝わります。

・自分の気持ちを言葉にするのが難しければ、建前の理由でもいいので理由を準備していく。

・理由の説明をしたくなければ「言いたくない」といって退職届を出すだけでも、法律上は退職できる
 ただし他の師長や看護部長から面談をされる可能性があります。

退職時に引き留められにくい退職理由をまとめた記事もありますので、良かったら参考にしてください。

3.先輩や同僚に申し訳ない

自分に仕事を教えてくれた先輩や、一緒に頑張ってきた同僚に申し訳なくて、辞めたいと言い出せない人もいるでしょう。

職場の人間関係を大切にしている人は、こういう考え方になっていることがあります。

他の人たちを残して、自分だけがそこから逃げ出してしまうような気持ちでしょうか

特にこれまで誰にも「辞めたい」と相談していなかった場合は、言い出しにくいかもしれませんね。

だけど、心配しなくても大丈夫です。

あなたを理解してくれる友人であれば、あなたが仕事を辞めようと思う状況にあることを、必ず理解してくれます

そして大切な人間関係というのは、職場が変わっても続けていけるものです。

はる

わたしは20年以上も看護師を続けていて、6回は職場を変わりました!

その間にたくさんの同僚が辞めていき、自分も皆を残して先に退職しましたが、それぞれの職場で一緒に働いた友人とは今も連絡を取り合っていますよ!

この場合の対処法

・大切な先輩、同僚には「辞めたいと思っている」ということを先に伝えておこう

・あなたが辞めることを快く思わない人もいるかもしれないが、スタッフが入れ替わるのは自然なこと
 退職時に「ご迷惑をおかけしてすみません」と一言いうだけで大丈夫。
 気になるなら最終日に、スタッフみんなで食べてもらうようにお菓子を差し入れすれば充分です。

4.辞めると決まったら気まずくなりそう

「あの子、辞めるらしいよ」と噂になると、なんとなく気まずいですよね。

新しい仕事が割り振られなくなりますので、みんなに知られてしまうのは仕方ありません。

あなたが辞めてしまうことで、残った職員は一時的に夜勤回数や休日出勤が増えて負担をかけることもあるでしょう。

そのことが心配で、なかなか辞めると言い出せない人もいると思います。

ただしこの場合に気をつけてもらいたいのが、先を越されたらますます言い出せなくなるということです。

わたしは退職を決意したら、出来るだけ早く上司に言うことにしています。

時期を見計らっていては、他の人に先を越されてしまうことがあるからです。

同じ時期に退職希望者がいる場合、時期をずらしてほしいという交渉は、後から言ってきた方に集中します

師長

その時期には○○さんの退職があるから無理!
時期をずらしてもらわないと。

師長からこのように言われてしまうと、希望の時期に円満に辞めることは難しくなります。

時期を見計らっているうちに何年かたってしまったという職員もいるので、気をつけましょう。

この場合の対処法

・気まずくなりたくない相手には、うわさになる前に自分で伝えよう

・退職までの期間がちょっと気まずいのは仕方ない。
 辞めた後の準備などで忙しくしていれば気にならなくなりますよ。

5.今より絶対に良くなるという保証がないから不安

辞めた後で後悔したらどうしよう・・・

大きな病院に就職している人や、初めての転職の人には、この不安が多いかもしれませんね。

退職するかどうか迷っている人は、このリスクが心配だと思います。

実際にわたしの病院でも、さまざまな不満を抱えて退職したスタッフが、数か月後に再就職してきたことがあります

退職するかどうかを決める時に、どうしても譲れないポイントを決めておくことが大切だと思います。

あとは、迷っていること自体を師長に伝えておくのも、良い方法だと思います。

そうすることで本当に退職を決意したとき、師長への言いにくさがずいぶん減ると思いますよ。

この場合の対処法

・仕事をするうえで、自分が絶対に譲れないことを考える。その譲れないことが今の職場で叶えられないなら、転職するしかないと決意する。

・定期面談などの機会に、辞めるかどうかを迷っていることを師長に伝えておく。まだ決断していないので、はっきり決めてからよりも言いやすいはずです。

6.お金のことが不安

奨学金制度を利用していた人は、その病院で3年程度勤めると返済義務がなくなりますよね。

しかしその前に退職すると、奨学金の返済を求められます。

このことが、辞めたいと言い出せない理由になっている人もいるのではないでしょうか。

病院奨学金制度とは、病院が看護師・保健師・助産師を目指す学生を対象に支援してくれる奨学金制度です。
一般の奨学金制度との一番の違いは、その病院で一定期間働くことで返済が全額免除されることです。

定められた期間が経過する前に辞めたい場合は、一定金額を返済する必要があります。

ただし、一括で全額返済しなくても大丈夫です。

分割で少しずつ返していくことができますし、再就職が決まるまで少しの期間は支払いを待ってもらうこともできます。

そこは病院との話し合いですので、返済が難しい場合は正直に相談しましょう。

この場合の対処法

・退職するなら、数か月分の生活費の貯金は必要。寮に入っている場合や、次の就職先によっては引っ越しも必要になる。頑張って貯金を準備しておこう。

・奨学金を借りている場合は、少しずつ返済していく覚悟を決めよう。どうしても返済するのが難しい場合は、すぐに退職せずに部署異動をお願いしてみよう。

7.何度も話し合いをさせられそう

看護師の職場は、退職させないための引きとめがあります。

病院によっては看護師の数が施設基準で決まっていたり、残るスタッフへの負担増加を心配して、上司はかならず引きとめてくるでしょう。

特にあなたが職場にとって欠かせない存在だったり、働きぶりがよくて上司に気に入られていれば、より強く引きとめられてしまいます

それが面倒で心配だという人は多いかもしれません。

ポイントとしては、きちんとした退職理由を準備しておいて、納得してもらえるように話すことです。

引きとめが難しいことが分かってもらえれば、それ以上の話し合いはなくなるはずです。

師長に引き留められにくい退職理由は >>これは引きとめられない! 看護師長が教える 【引き留められない退職理由】にまとめているので参考にしてみてください。

この場合の対処法

・引き止められにくい退職理由を準備しておく

・何度か引きとめ説得のための面談をされるかもしれないが、それを乗り越えれば退職できることを理解して、遠慮せずに自分の気持ちを伝える

まとめ

今回は、辞めたいけど言い出せない人の、言い出せない理由とその対処法をまとめました。

責任感が強くて真面目な人や、周りに迷惑をかけたくない優しい人ほど、自分の主張をせず周りに気を使って我慢してしまう傾向があります

まずは自分がやりたかった看護や、なりたかった看護師に近づけているのかどうかを考えてみてください。

尊敬する上司や先輩がいて、ここで頑張れば自分がなりたかった看護師に近づけそうだと思うなら、その職場を辞めない方がいいと思見ます。

しかし、今の職場では自分の思いが叶えられないと思うのであれば、思い切って転職するのも必要なことです。

周りの人に気遣って遠慮しているうちに、自分が体調を崩してしまうかもしれません。

しっかり準備をして、自分の言葉で上司に気持ちを話してみてください。

そしてどうしても辞めさせてもらえない、辞めると言い出せないときには、退職代行サービスを考えるという人もいるかもしれません。

退職代行サービスは、非弁行為とのグレーゾーンで、きちんとした業者を選ばないとトラブルになるケースもあります

別記事で体験談をまとめていますので>>【看護師】退職代行で辞められる?|師長が体験した病院側の対応、興味があれば読んでみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる